© Copyright POPHORN JAPAN, Allright Reserved.

ポップスホルンカルテット POPHORN(ポップホーン)

 

より多くの方に、ホルンという楽器を知ってもらいたい、もっともっと身近に感じてもらいたい!というコンセプトで、JAZZスタンダード、映画・アニメの音楽、懐メロやJPOPなど、ポップスを専門に何でも演奏する、日本初のポップス専門ホルン・カルテットとして、2004年7月結成。2005年10月に行われた日本ホルンフェスティバルに出演。2006年6月に行われた日本初のホルンによるポップス・ジャズのイベント『HOP』に出演、マンハッタン・ジャズ・オーケストラのホルン奏者J.クラーク、V.チャンシーの両氏と共演する。2015年東京ほるんじゃず祭りに出演。2019年さらにホルンの楽しさを多くの方に広めたいという思いからYOUTUBEチャンネルを開設。同年3月、メンバーのakko tanに代わり小口遥が加入

©長谷川陽一